Panacee(パナセ)

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、小さな会社の社長さんをサポートしています!

元気をくれる人

投稿日:2007/04/18 更新日:

家族総出で1年間かけて世界一周をしていた
九州ベンチャー大学の栢野さん→ブログはこちら
3月末に日本に帰国。

そろそろ落ち着いた頃かと思い、ふっと思い立ってお帰りコール。
「おかえりーーーーーっ!!!」
「おーーーーどもどもぉ~!!」
と、全然変わらないご様子。

いやーお元気そうで何よりです。
栢野さんは、私にとって、言わば恩人。
今、私がネットを使ってビジネスやってるのも、
栢野さんに楽天日記を書くようにすすめられたのがきっかけ。

小倉在住時の2003年のある日。
ビジネス書とは思えない派手な装丁の本「小さな会社☆儲けのルール」を買った。
その本に、小さな広告が入ってた。
それが栢野さんの楽天日記を紹介してて、
おもしろそうだなと思った私は、栢野さんの楽天日記にアクセス。
誹謗中傷ヤジ罵倒。自分のことも親のことも何もかもぶちまけている文章。

あまりにもすごい文章に衝撃を受け、気づいたら過去日記も夢中に読みふけり、
壊れているようにも見える栢野さんに興味を持ち、即メールを送り会いに行った。
挨拶もそこそこに、栢野さんに聞かれた。

か「パナセさん。夢は?」
パ「はいっ。専業主婦になることですっ!」
か「いや・・・その夢じゃなくって・・・。」
と、返事に困らせたのはアタシです。(笑)

あの時。
「転職30回?いやぁ~いいねぇ~。パナセさんは何でもできるよ。
なんで今の会社におるん?すぐ辞めなよ。福岡にきたらいい。
どこでもいけるよ。とりあえず、楽天日記はじめな。」
と言ってくれたことで自信を取り戻し、
1ヶ月後、小倉の会社をやめ、7年ぶりに実家に戻り、
1人自営業になった。

あの日。本を手にしてなかったら・・・
あの時。小倉に住んでなかったら・・・

きっと、たぶん、ぜったい、今の生活はしてないと思うわ。
だから、栢野さんはパナセにとって、今の生活をつくるきっかけをくれた恩人なのです。
とは言え、めったに会いに行けないし、会ったのも数回なんだけど、
なぜか、栢野さんとは仲良し。(だよね?栢野さん。笑)

で、世界一周の話もそこそこに・・・
ここだけの話を聞き・・・
大笑い。

いやいや。
人間誰しも、秘密の小箱はもってるもので。
うっかり他人が開けてしまうと、そりゃ大変なことになるわけで。
そっと蓋を閉めて、知らないそぶりをしとくのが無難なわけで。

栢野さん。
強く生きて下さい。(笑)
今日も元気をありがとうございましたぁ。
その内、会いに行きますわ~。







-ブログ

Copyright© Panacee(パナセ) ♥ 2004-2017 All Rights Reserved.