Panacee(パナセ)

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、小さな会社の社長さんをサポートしています!

コピーって大事だよね。

投稿日:2008/01/28 更新日:

広告コピーってこう書くんだ
広告コピーってこう書くんだ!読本
谷山 雅計

<目次>
序章-はじめに「発想法ではなく、発想体質を。」
第1章-生きたコピーの書き方。
第2章-もっと伝えるために。
第3章-コピーを超えるコピー。
第4章-広告的「アタマのよさ」。

新潮文庫には、パンダキャラクター「Yonda?Club」がある。
数年前、あまり本を読まない妹が、新潮文庫の本を買ってくれと言いだした。
なんのことはない。ただ単に、この「Yonda?Club」のキャラクター商品がほしいからという理由。しょうがないから、ほしい文庫本はなかったけど、無理やり数冊の本を買った。

このコピーを見た時、「パンダ」と「読んだ」をひっかけ、あえてローマ字とし「Yonda?」という単語そのものをキャラクター化し、パンダを用いたキャラクターまでつくり、冊数によってプレゼントがもらえるなんて、なんて上手いんだーと、ひとしきり感心したことを覚えている。

なんせ、本を読まない人間(妹)にまで、そのキャラクター商品がほしいから本を買おうと行動を起こさせるほどのキャンペーンになってたんだもの。
この「Yonda?パンダ」を作った人ということと、アマゾンレビューで評価が高かったので読んでみた。
一言で感想を言うなら、「うん。読んでよかった。」だな。
コピーを考える「発想法」というか、発想の順番をわかりやすく示してくれてる。

一言で表すキャッチコピーを作る作業は、色んな意味でとても重要だと思っている。
サイト製作時や事業プランを考える時に、まず始めにコピーを考える。
その会社の売りをなんとか一言で表現しようかと頭を悩ませる。
すげーいーコピーが作れるときもあれば、全然浮かばず、ありきたりの言葉を繋げるだけの時もある。ピタっとはまるコピーが出来たときは、すごく嬉しい。

こういったコピーを考える思考順序ってのを、冷静に考えたことがなかったんだけど、この本には、その発想の仕方や順序が書かれているので、すごく参考になった。
あーなるほどーって感心したのは、言葉はキャラクターであり、流通するものなんだと。
漠然と知っていたけど、文章で説明されると、より明確にわかる。
「コピーライター」という職種が、クリエイティブな専門職として成り立つのがわかるなー。
言葉って、深いねー。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

-ブログ

Copyright© Panacee(パナセ) ♥ 2004-2017 All Rights Reserved.