Panacee(パナセ)

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、小さな会社の社長さんをサポートしています!

名刺交換しただけの人に、一斉宣伝メールを送りつけるのは、スパム(迷惑)メールと同じこと

投稿日:2007/04/23 更新日:

メールがきました。

パナセ御中
折田 知子様
心地よい春の陽気に包まれる季節となりました。
皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、*******では、
*****にありますビルを活用し、*******をスタートいたします。
診療報酬制度の改定、患者さんの意識変化により、
病院経営も他の業種と同じように、激しい競争にさらされる時代。
そんな環境の中で誕生し、現在注目を集めているのが、
最初のリスクを出来るだけ抑えて開業できる総合医療モールです。
医療と癒しを通じて、人と人がつながる場所。
複数のクリニック(診療所)に美容、健康施設を併設した、全く新しい医療施設です。
医療モールへの参加は理想の医院開業へのワンステップです。
是非、お知り合いの方にもお伝えいただけたらと存じます。
詳しくは下記のホームページにてご覧下さい。
*****(会社名) ホームページ  http://******.jp/
******(会社名)
******(代表者名)

最低です。
私、この代表者名の方に会っていません。
「あんた誰?」って感じです。

送信者を見て、気づきました。
この方の奥様と、数年前に名刺交換したなーと。
奥様の知り合いの方に、旦那様はお医者さんだという話を聞いていたので、
あーあの人の旦那さんかーとわかりました。
そんな相手が、自分勝手・自己都合の宣伝メールを送りつけてきました。

名刺交換したら、宣伝メールも送ってよいと誰が言いました?
私に対して個人的な文面があるならまだしも、
おそらくというか完璧に、一律の宣伝文句のみのメール。

一昔前までは、名刺交換した人に自分のメルマガとかを送りつけても、
許されていました。
が、今は違います。
こういった宣伝メールは、例え名刺交換した相手であろうと、
自分勝手に送りつけていいものではないのです。

送ってくるなら、奥様の名前で、私へのメッセージを付帯した上で、
実は、この度、これこれこーいったビジネスをはじめることにしました。
もしよろしければ、うんぬんかんぬん。と、
個人に向けての文章をきちんと書くべきです。

または、冒頭に、
※このメールは、○○と名刺交換させて頂いた方にお送りしています。
等、どの経緯でメールを送ってきたか、きちんと注意書きを入れるべきです。
こういったメールは、スパム(迷惑)メール以外の何者でもありません。

さらにひどいのは、送信者がローマ字で、
この本文内にある会社名や代表者名で送られておらず、
奥さんがやってる会社名できてることです。

迷惑メールが横行してる今。
例え、名刺交換した相手であっても、
自分勝手な宣伝文句のみのメールを送りつけるなんて、
マナー知らずもいいとこです。
すごい、恥ずかしい行為であることを知るべきです。

ましてや、名刺交換した相手ではなく、
その旦那さんを代表者とする会社の宣伝メールなんて、
送ってきていいはずがないでしょう。
名刺交換しただけの相手から営業電話がかかってきたら、すごい迷惑でしょう?
それと、今回のメールは同じです。

突然、知らない名前で電話がかかってきて、
「こういったビジネスを始めるので紹介して下さい。詳しくはホームページを。」
なんて言われて、「はい。そうですか」って応えますか?
そんなマナー知らずの相手に、紹介なんてしますか?

私は、絶対しないです。
どんなに良いビジネスモデルでも、関わりたくもないです。
私は、この代表者さんと名刺交換もしてなければ面識もないので、
助言すらしてあげません。
恥ずかしい行為を、ずっと続けていればいいのです。
無作為に送りつけて、自らチャンスを逃していけばいいのです。

こういったメールが送られてきたら、削除および送信者を禁止します。
このメルアドから送られてきたメールは、目に留めることなく即ゴミ箱行きです。

リアルでもネットでも、マナーはとても大事。
同じメールを送るのでも、ちょっとした気遣い・心配り、一手間をかけるだけで、
その結果は、絶対に違ってきます。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

-ビジネスIT講座>初級編, ブログ

Copyright© Panacee(パナセ) ♥ 2004-2017 All Rights Reserved.