Panacee(パナセ)

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、小さな会社の社長さんをサポートしています!

【超地域密着マーケティングのススメ】地域NO1を目指すなら、ここまでやらなきゃ。

投稿日:2008/02/02 更新日:

去年買ったまま埋もれてた本を、やっとこ読破。目次を見てわかるように、この方、よーーーーく勉強されてます。ほんとにすごい勉強量だなーと。

超地域密着マーケティングのススメ (アスカビジネス)

<目次>
超地域密着マーケティング16のポイント
はじめに
Chapter1 顧客との親密さを深める
Chapter2 人口が流動しな地域、情報が更新されない地域の商売
Chapter3 都会でも使える!地域密着ビジネスのススメ
Chapter4 情報化が進み、お客様が先に商品情報を持っている時代?
Chapter5 営業戦略(影響力の武器とシュガーマンを活用)
Chapter6 ピークを過ぎた商品をどうやって売るか?
Chapter7 お互いに語り合い、地域の情報を蓄積する
Chapter8 地域NO.1になると心に決める
Chapter9 集客必勝法
Chapter10 あなたの会社の強みは何ですか?
Chapter11 人付き合いで、本当に考えなくてはいけないこと
Chapter12 ふるさとマーケティング
おわりに

半端じゃない勉強量から培った知識を、自ら実践し、検証し、また実践し・・・。貪欲に学びながら、実行していったからこそ書ける内容。やっぱり、実践者の言葉は力強く、参考になることがいっぱいです。

いくらネットが普及しようとも、地域密着商売はなくなりません。よって、昔ながらの商売の方法というのは、決して古臭いものではなく、ネットと上手く連動させることにより、より強力な武器になったりします。

地域密着の商売をしていながら、ホームページばかりにかまけて、実際に人に会うことをおろそかにし、それで数字がでないとと落ち込むのは、大きな間違いです。

やることやってないから、数字がでないだけ!この本を読めば、どれだけ自分が手抜き商売をしていたかに気づくはずです。

ここまでとことん地域密着商売をやりきると、結果もおのずとついてくるので、きっと毎日楽しく仕事をされていると思います。地域に役立ち喜ばれ、人間関係も良くなると生きやすくなり、好循環でまわっていきます。

現在、数字の落ち込みを感じてる人は、ぜひに読んで頂きたい1冊。ビジネス本を読みなれて無い人は、どの本から読んでいいのかわからない場合もあると思いますが、まずは知ってる人のすすめる本を読み、その本の中で紹介されてる本を、さらに読み・・・さらに紹介されてる本を読みと繋げていけば、最初に読んだ本に深みがでてきます。

これを読んだら、↓も読んでほしい。

1冊の本を何度も読むも良し、関連する本をどんどん読み漁っていくも良し。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

-レビュー

Copyright© Panacee(パナセ) ♥ 2004-2017 All Rights Reserved.