Panacee(パナセ)

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、小さな会社の社長さんをサポートしています!

クロージング率を高める方法2 おなかま作戦!(社長編)

投稿日:2006/06/08 更新日:

おなかま作戦って何のこと?って方は、先にこちらを読んでね。

おなかま作戦は、エンドユーザ向けでも法人向けでも、どちらも有効です。当然、相手が社長さんの場合も同じです。

社長さんへの営業の場合。食事を共に出来ると、より友好的になれ、その後の営業がしやすくなります。が、なかなか社長を食事に誘うことなんて出来ないですよね。けど、そこを誘っちゃうのです。(笑)

一営業マンに食事に誘われたら、そりゃ驚くでしょう。めったにないことでしょうからね。勇気がいるかもしれませんが、競合他社を出し抜くには、これぐらいのことはしなきゃ、勝てませんぞ。

さぁ勇気を持って、食事に誘いますよー。

ポイント① ラインに誘う!

第1のポイントは、ランチに誘うことです。夜じゃダメですよ。夜の付き合いと、日中の付き合いってのは、ちょっと種類が違いますからね。

特に相手の社長が異性の場合、夜誘ったらダメですよ。社長が奥様や旦那様とご一緒なら、どんどん行ってOKですけどね。

なぜ、ランチか?そりゃ、奢れる金額だからです。(笑)っては、半分冗談(半分、本気)で・・・。

ポイント② 時間を区切る!

第2のポイントは、時間が区切れるってことです。午後からの仕事の始まりが、ほぼ決まってますからね。ランチの時間帯ってビジネスの時間帯でもあるんですよね。

その時間を共有できたなら、頭はビジネスモードのままですから、そういった視点で、こっちを見てくれます。例え、仕事の話は一切しなくても。です。

ポイント③ 新しい経験を与える!

第3のポイントは、社長が行かなそうなお店に連れて行ってあげることです。決して、無理をする必要はありません。

あなたが社長より若いなら、自分達がデートで使うようなカフェに連れて行きましょう。それか、「美味しそうなお店を見つけたので・・・」とか言って、本当に行ったことないお店に2人で探検に行きましょう。

ポイントは、社長に新しい視点や新しい経験をさらっと与えるということです。

食事を共にするというだけで、相当新密度が増すのに、それに加えて新しいお店という体験も共にできたなら、一層仲良くなれるはずです。競合他社の営業マンより、1歩も2歩も社長との関係を近くできるはずです。

おなかま作戦!の目的は、ビジネス場所以外で時間の共有をするということ。それで、お互いに距離を縮めるんです。

ポイント④ 奢る!

そして、最後のポイントは、出来るだけ奢ることです。ランチですからね。一営業マンにだって奢れるはずです。ここで出し惜しみしてはいけません。身銭を切ってこそ、大きな獲物は獲られるのです。(笑)

ただこの場合は、無理に奢る必要はなく、相手が奢ってくれるというならば、素直に奢ってもらい、そのお礼を忘れずにしましょう。

会話から相手の好みがわかっているので、お礼はがきと共に何か1品好きそうなものを送るのです。何か送るときは、食べ物にして下さい。

本人が食べなくても、周りの人に行きますから好印象を与えます。奢ってもらっていながら、自分の株をあげる。そうすれば、必ずその後の営業がしやすくなり、結果、クロージング率は上がるはずです。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

-営業のツボ!?

Copyright© Panacee(パナセ) ♥ 2004-2017 All Rights Reserved.