Panacee(パナセ)

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、小さな会社の社長さんをサポートしています!

出来る営業マンになる方法3 代案を利用しプライベートを知る!

投稿日:2005/09/13 更新日:

さぁさぁ、出来る営業マンになる方法も3本目の佳境に入ってきました。(笑)1.2に引き続いて、同じ事例を元に話を進めていきましょう。

例)
お客さまのところへ訪問した。一生懸命場をつなぎ、チャンスを見つけようと話した。ちょっとした質問を受けた。
「ちょっと自分ではわからないので、戻って調べてからまた連絡します!」
「うん。そっか。」

と、1.2では、質問を受けた時をチャンスに繋げる方法を伝授しました。

ここで3のパターンです。このちょっとした質問が、自分の営業とあまり関係ない場合。さて、あなたならどうしますか?さらっとかわして、次の会話へ進めますか?

ブブっー!残念っ!出来る営業マンにはまだまだ修行が足りませんね。(笑)

それでは、せっかくのチャンスをつぶしてしまいます。自分と関係ない質問も、また自分を活かすチャンスです。

宿題を持って帰るほどではない内容にしても、お客さんからすれば、答えが欲しいのです。だから、あなたに聞いたのです。

そんな時こそ、知ってるだけ、質問の答えを出しましょう。利害がないのですから、間違った答えを出しても怒られることはありません。

まったく、知らない内容だったら?そんな時は・・・辺りを見回しましょう。

パソコンがありましたか?「インターネットには繋がってますか?」と聞いてみて下さい。ほとんど、「あーつながってるよ。」と答えるでしょう。

「じゃ、ちょっとパソコンお借りしてもいいですか?今のこと調べてみましょう。」
「えっ?ほんとに?う、うん。」

仕事でバリバリとパソコンを使ってる社長ならまだしも、中小企業の社長さんたちは、まだまだパソコンもインターネットも使いこなせていません。そこで、救世主、あなたの登場です!

インターネットで、社長の質問の答えを導きだしてあげましょう。それで、確実にあなたの心理的評価は1段上がります。求めていた答えが見つかると、その社長は喜んで、次の質問をしてくれます。

たぶん、ほとんど自分の仕事とは関係のない質問です。それも、喜んで答えを探してあげましょう。必要ならば、お気に入り登録もしてあげましょう。

他人が作ったサイトから答えを導きだしたのに、質問の答えをくれた人はあなたです。なんて、ラッキー!あなたの株が、ぐぐぅ~と上がってきてます。

さぁ、今あなたは社長のパソコンを覗いています。そこには、他人に見せたくないものも、たま~にあったりします。(笑)

はっきり言いましょう。パソコンの状態を見ることで、その社長のパソコンスキルや好きなもの等がわかってくるはずです。

デスクトップの写真、フォルダの並び方、お気に入りに登録されているサイト。たくさんの情報が詰まっています。普段得ることのないプライベート情報が取り込めるのです。

その得た情報を元に、あなたはもっともっと親密な関係を築けるはずです。なんせ、あなたは救世主プラスパソコンの先生になり上がってしまったのですから。(笑)

ちょっとしたささいな質問。自分の売りたいものの話ばかりに気を取られていたのでは、大きなチャンスをいくつも潰します。

営業は、コミュニケーションです。そして、接触回数です。

相手にとって必要な存在に成り上がるために、ささいな質問を聞き逃さないで下さい。そこに、大きなチャンスが潜んでいるかもしれません。

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

-営業のツボ!?

Copyright© Panacee(パナセ) ♥ 2004-2017 All Rights Reserved.