TELアポ攻略2 時間を限定する!

TELアポをやる時、覚悟を決めて始めますよね。
私は、そうでした。
「よしっやるぞっ!」
と意識を高めて、TELアポ開始です。

1度、かけ始めたら有効電話に繋がるまで受話器を置くことがないのです。
それまで、会ったことも無い他人に断られ続けなければならないのですから、
相当のパワーを持って、TELアポに臨んでいました。

が、しかし、いくらパワーを持って臨んだからといって、
何時間も電話をかけ続けることは出来ません。
人間が集中できる時間なんて、知れてますしね。

パワーを持続するためにも、TELアポは40分~50分間ずつで区切って行いましょう。
50分かけ続ける。そして、休憩。
もちろん、途中で有効電話につながったら、1度受話器を置いてメモを取る必要はあります。
有効電話に繋がったら嬉しくなりますから、そのままの勢いで再びかけ続けましょう。

時間を制限しかけ続ける。
休憩する。
再び、「よしっやるぞっ!」と自分で声をだし、アポが取れるまでチャレンジです。
何時間も続けても、よくありません。
断われ続けてますから、知らず知らずのうちに声のパワーがなくなっています。
そんな状態でTELがけを続けても、なかなかアポに結びつきません。

できれば、目の前に時計を置きましょう。
そして、自分で「スタート!」と掛け声をかけて、決めた時間まで集中するのです。
50分が無理なら、30分から始めてもいいでしょう。

とにかく、その時間だけは集中する。
TELがけ以外に、他のことを考えない。
「あ~いやだなぁ~」と思うスキを、自分に与えないのです。
時間が制限されたら、「この時間だけ乗り越えるぞ」とも思えるでしょう。
苦しい時間が、ずっ~と続くわけではありません。
長い人生のうちの、たった数10分です。
その先に、契約という明るい未来が待っています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP