営業の向き不向きを判断する基準は3ヶ月

営業に向き不向きはあるのか?
はっきり申し上げます。

「あります!」

営業の仕事には、向き不向きがあるのです。
誰でも出来る仕事じゃありません。

ただし、ここに注意書きがあります。
営業と言えども、その種類には多種多様な営業があります。
1つの営業ができなかったからといって、
営業と言われる職種すべてが出来ないというわけではありません。

あれ?
どなたか胸を撫で下ろしましたぁ?(笑)

向いてない!と言われても、その商材を売るのが向いてなかっただけで、
モノやサービスが変われば、売れるようになる人もいます。
また、営業のやり方が変われば、売れるようになる人もいます。

例)
個人向け営業は×だけど法人営業に変わったら花開いた。
ルート営業は×だったけど、飛び込み営業に変わったら、新規契約をどんどん取った。
保険のようなカタチないものは×でもマンションのようにカタチあるものなら売れた・・・等々。

営業の基本はコミュニケーションです。
他人と会話を交わすことができる人なら、営業はできるということになります。

ただし!
ここでまた注意書きが・・・。

抜本的に自己改革が必要な人、優しすぎる人、いー人すぎる人には無理です。
なんだかんだ言っても、営業の世界は競争です。
他者と比べられます。
自分の敵は自分!と言いつつも、他人が気になります。
会社勤めしている限りは、すべて数字で判断されます。
営業において、結果がすべてです。
その過程を評価してくれるのは、一定の時期だけです。

ここで、自分がその営業に向いてるかどうかを判断できる基準があります。
簡単なことです。
3ヶ月、売り続けて1件も自己契約ができなかったら、潔く諦めて下さい。
他の商材、または他の営業にチャレンジしましょう。

次でも、また売れなかった・・・。
次でも、また・・・。

営業をがんばりたい(お給料がいいからとか会社命令で)のに、自己契約ができない。
3回、商材も変えた。営業の種類も変えた。
それでも、自分1人で売り切ることができない・・・・となったら、
潔く、営業という仕事を諦めましょう。
縁故や友人・知人に売ったのは、自己契約に数えません。
まったく新しい人に出会い、商材を売ることを自力販売・自己契約と考えます。

チャレンジを続けたとしても、あと2回までです。
5回、色々変えてみたけど、自分1人で契約が取れなかったなら、
あなたに営業という仕事は、向いていません。
酷なようですけど、あなたのためです。
本来の気質にあってない仕事をしていては、いずれあなたが壊れます。

もっと、はっきり言うと、3ヶ月というのは最長期間です。
実際は、1ヶ月半で結果がでます。
研修を終え、1ヶ月以内に1件目の契約が取れないようなら、未来は決して明るくありません。
ましてや、このスピードの時代。
会社としても、悠長にあなたが育つのを待ってくれません。
もし待ってくれる会社があったのなら、それは親のような会社です。
出来なくても応援し続けてくれる。まるで、親の無償の愛と同じでしょ。

私は、何人も部下を持ちました。
売れない営業マンは、たいがい3ヶ月待たずに辞めていきました。
ところが、時たま、しぶとい営業マンがいたりするんですね~。
そういった時は、遠慮なく
「他に、向いてる職場があるよ。無理にここで時間を無駄にする必要ないんじゃない?」と言って、
辞めることをすすめました。

だってそう思いませんか?
数字に追われて、しかめっつらして、上司に怒られ詰められ・・・何が楽しいんですか?
この世の中、無数に働くとこはあります。
必ず、その本人に向いているところがあります。
私自身も、向いてない営業だと判断したなら、3ヶ月以内に辞めて次に行きました。。

とは言え、転職30回は単なるバカ女でしかないんですけどね~。(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP