部下を潰すバカ上司

以前、訪問販売の会社にいました。
あっ、一応上場企業ですよ。
悪徳じゃないですよ。。。
某ミシンメーカーで、ミシンを売っていたんです。
ミシンと言えども、最近のはコンピューターミシンですから、定価30万円ぐらいするんです。
そっから値引きして、たしか25万円ぐらいで売っていました。

ここのアポ取りってのが、大変でね~。
朝、皆で住宅街に出かけていって、軒並み訪問してアポ取りをしていくんです。
そりゃもう、イヤでイヤで・・・(笑)
アポ取りの話をしだしたら長いんで、ちょっとこれは置いといて・・・

25万円のミシンなんて、そうそう売れるもんじゃないんですね。
アポ取り自体も大変なもんだからね。
月に10台売ると、全国数千人の営業マンの中で、トップ20位、いい時は10位以内に入るぐらいなんです。
だから、1台売れたら、どんだけ嬉しいことか、わかってもらえますよね?(笑)

ある日、店長室にいました。
店長は、私と楽しそうに会話してます。
契約が上がってるから、るんるんです。
店長も、上の地区部長に報告する立場ですからね。

私は、その日、2台売ってきてたんです。(すごいでしょ♪)
奥田さん(営業マンー男性40歳前半ー入社数ヶ月)が戻ってきました。
彼も、その日1台契約を取ってきてたんです。
契約を取ってることは、事前の電話連絡でわかっていたんですね。
だから、彼は意気揚々と店長室に入ってきました。

私 「あっ奥田さん(仮名)、おめでとぉ~♪」
奥田さんは、晴れ晴れとした笑顔です。
店長がチラリと奥田さんを見て、口を開きました。
「今日、契約になった要因は?」

はぁ~~~~????
何言ってんだ、こいつ???
ってなもんです。

まったくもって、何言ってるんでしょう?
はっきり言って、バカ以外何者でもありませんね。
契約を手土産に戻ってきたのに、第一声が「契約の要因は?」って何さそれ?
なんでもい~じゃんっ!契約取ったんだから。
まず褒めて、一緒に喜ぶ時でしょう。
バカもバカも大バカです。

奥田さんの表情は、途端に固まりました。
褒められると思っていたのに・・・かわいそうすぎます。
この上司だって、現場から上がってきた人間です。
アポ取りの大変さは知ってるはずです。
契約を取ることは、決して簡単じゃないって知ってるはずです。
部下が必死で取ってきた契約に感謝が出来ずして、何が上司ですか?
その契約のおかげで、自分も上司に意気揚々と報告できるんでしょうが。

ありがちな事ですが、こういった上司は、教え諭したいわけです。
そうすることで、自分の立場をより高くしたいわけです。
ほんとに、大バカです。

その後、奥田さんは潰れました。
契約をとっても褒められないんじゃ、やる気もなくして当然です。

部下を持っている方々。
人間、誰しも褒められて悪い気はしないものです。
ちゃんと、他人を褒めましょう。
他人を褒めない(認めない)人は、自分も他人から褒められ(認められ)ませんよ。

教訓
「上司は、部下を褒めて(認めて)なんぼ。」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP