数字の出せない営業マンに興味はない。

後輩思いのいい営業マンA君がいました。
自分も営業未経験で、今の会社に入ってきたので、
数ヶ月遅れで入社してきた営業未経験者B君を、とても気にかけています。
とは言っても、A君もほとんど契約は取れていません。
ただほんの少し、営業というものは早くかじり始めただけの人です。

この会社は、TELアポでアポ先を確保して、初めて営業活動に出られます。
自分でアポを取らない限り、1日中TELがけです。
その日も、B君はアポが取れませんでした。
夜も7時をまわると、さすがにTELがけは出来ません。
ミーティングも終わり、後はフリーです。
IT系ということもあり、皆残ってインターネットで色々調べ物をしたり、
日報を書いたりしています。

B君の元に、A君が近寄りました。
そして、A君が営業談義を始めました。
ここ最近、毎晩のことです。
A君はB君の側に行き、TELアポのかけ方、心の持ちようなどを力説してます。
B君も、「はい。はい。そうですね。」と嫌がる様子も無く聞いているようです。

なんて、後輩思いのA君なのでしょう。
・・・・って、思いました?

私は、数日間その様子を眺めていました。
ある日、B君に聞いてみました。

私 「ねぇ。毎晩のようにA君が何か言ってきてるけど、イヤじゃないん?」
後輩 「えっ?はい。別にイヤではないのですが・・・」
私 「あんだけ言ってくれてても、A君本人が契約取ってないもんね。。」
後輩 「は、はい。Aさんが言ってくれてることは良くわかるんですが、
    じゃなんでAさんは契約取れてないの?って思ってたんです。」
私 「やっぱり・・・」

そうです。そうなんです。
A君としては、B君を励ましているつもりだったのでしょうが、
B君からすれば、「じゃ、お前がそれやって契約取って見せろよ」ってなもんです。
はっきり言って、営業マンとしてめっちゃ恥ずかしい行為なわけです。

すでに支店トップである私は、社内で一目置かれていました。
営業なんだから、契約をとって初めて実力が認められるというものです。
単なるいー人では、会社からの評価も他人からもの評価も得られないのです。

私は、A君に言いました。
「はっきり言ってみっともない。
自分が数字を取ってないのに、営業を語ったとこで誰もまともに聞いてないよ。
それどころか、なんで契約取れないの?って思われてるよ。まず、自分が数字を取りな。
人に教えるのはそれからでしょう。教えるほど何もできてないよ。」

A君の表情は固まりました。
その日から、B君に営業談義をすることは無くなり、自分の仕事をするようになりました。

教訓
「他人は、数字の出せない営業マンに興味はない。」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP