ぱなぶろ

かっこよすぎ!

テニスプレイヤーの伊達公子さんが現役復帰した。
彼女のブログを見ると、復帰ではなく「挑戦」だって。かっこいー。

このニュースを聞いた瞬間に拍手拍手。
今回の現役復帰は「待ってましたー!」の一言につきる。
11年前の引退発表は「まだ早いでしょー」という感想しかもてなかったからね。
昨日は、日本ランキング3位の選手を倒し、
今日も、準決勝で勝ったらしい。
すげーよ。ほんと、すげー。

ニュースを読んだだけで鳥肌が立つ思いでした。
彼女がでてきただけで、ニュースで流れるようになり、
女子テニスの注目度が一気に上がった。
男子テニスは、新星が誕生しているけど、
女子テニスは、申し訳ないけどぱっとする選手がいなかったものね。

たった1人。
たった1人の注目選手がいるだけで、
女子テニス全体の注目度があがるんだから、ほんとすごい。
伊達選手と対戦する相手は、今までにないプレッシャーにさらされることになり、
より強いメンタルが求められる。
でも、だからこそ世界を相手に戦えるだけの強さを得ることができるだろう。

伊達選手のテニスを見てると、ほんとかっこいい。
短いニュースのシーンでも、画面に釘付けになってしまう。
彼女全体からあふれ出すオーラとでも言うか、
強い強い確かな思いが、画面を通してでも伝わってくるよね。
同じコートで試合を通じるからこそ伝わる技術に強いメンタル。
口だけでなく、すべての動きで伝えていこうとする姿勢。

昨日の試合の後の言葉。
「戦略よりも、まず動けること」

彼女の姿勢から伝わるものは、
日本のみならず世界のテニス界に影響を与えるだろう。
そんな様子を、遠巻きに見ているだけでも、
強く確かな思いを感じることができるのだから。
日本国内に留まらず、世界にでてほしいな。
もう1度、ウィンブルドンのセンターコートに立つ姿を見たいと思うのは、
私だけではないはず。

明日の決勝戦。
どこかのテレビで、中継してくれないんだろうか?
深夜の放送でもいい。試合全部を見たいよー。
どなたか、放映の情報があったら教えて下さいな。

\ スポンサーリンク /

-ぱなぶろ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

スキルアップ

関連コンテンツ

© 2020 パナセ☆オフィシャル Powered by AFFINGER5