ライジングショット!

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている『誇大な宣伝や表現』にならないよう配慮し、ブログを書いています。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

BSで伊達公子さんが小さい体で勝ってきた秘訣をやってた。
世界トップの選手に比べ、体もパワーも小さい彼女が勝つための戦略として、
徹底的な反復練習にて体得したライジングショット。

これって。。。
これってね。。。
宗方コーチが死んだ後、引き継いだ桂コーチが、
岡ひろみに教えこんでいった技と同じなのよーーーーーっ!
まじでまじで。

宗方コーチをなくして、藤堂さんもお蝶夫人も近寄れないほど、
ぼろぼろになっていた岡ひろみを預かって、少しずつ少しずつテニスに復活させ、
その中で教え込んだ技が、通常の打点より1歩早く打つ打法。
これぞ、「ライジングショット」そのもの!
テレビ見ながら、大興奮っ!
心の中で「ひろみぃ?」と叫んだわよ。(笑)

あれ?
私だけ大興奮?
知らない?
不朽の名作「エースをねらえ!」
私は、岡ひろみになりたかったんだ。(笑)

私が通った中学・高校では、
軟式庭球(と昔は言っていた=ソフトテニス)しかなくて、
岡ひろみにはなりそこねたんだけど、しばらくの間、
「岡」って苗字の人と結婚して、「ひろみ」を名づけて、
テニスをさせるんだ!と本気で思ってたほど、
この「エースをねらえ」にはまったのよ。

この漫画がでたのは・・・私が小学校の頃だと思うから30年以上前だね。
有名どこは、宗方コーチが亡くなるまでの10巻までだと思うけど、
実は実は、その後も深いふかーーーい物語が続くのよー。

10巻で一旦完結して、数年後か十数年後かに続編がでたので、
絵のタッチも変わって、昔のひろみじゃないー。って感じなんだけど、
10巻までしか読んでないなら、ぜひぜひ読んでほしい。
宗方コーチの死のようなことは、伊達さんには無かったと思うけど、
世界のパワーテニスに立ち向かうための努力と技は、
もうね。ほんとにね、伊達さんと岡ひろみが重なるんだよー。
はぁ?。興奮した。
今夜は、ひさびさに「エースをねらえ」を読んで泣きたいと思います。
>何度読んでも、泣けるのよ。>えー今でも持ってますよ。(笑)

↓10巻までのセットはあるのに、続編を含んだセットはないのか?
エースをねらえ
エースをねらえ(全10巻セット)
山本 鈴美香

というか、ひろみをサポートしていくために、
選手を辞めてコーチになると決めた藤堂と、
プロになった(はず)のひろみは、一体、どうなったんだー?
漫画の続編はなくて、アニメで続編があったはずだけど・・・。
>相当マニアック(笑)

PR

2 COMMENTS

A

それはOVA(「エースをねらえ!ファイナルステージ」)では?
制作が伊達さんが本格的に世界で活躍する前のことで、まだ「ライジングショット」という名称すらなかったけど、理論的には全く同じでしたね。
ちなみにOVAでは竜崎センパイ(お蝶夫人)もひろみのライジングにショックを受けて自分もやろうとしたけど、既に完成度の高いテニスをしていた彼女には不可能だったんですよね?

ぱな

お?Aさん。
貴重な情報をありがとうございますー。
そっか。「ファイナルステージ」っていうシリーズがあったのね。
お蝶婦人がライジングショットをやろうとしたとこは全然知らなかったですー。
早速、見たいーとアマゾンを検索してみたら・・・。
すでに販売されてなく中古が30000円以上で売られてましたー。
ちょっと高すぎますー。
でも、見たい。
オークションでも探してみるとしますー。

現在コメントは受け付けておりません。