ぱなぶろ

まきこむな!

今日、岡山駅西口のビジネスホテル一室で、
ここ最近、毎日聞くあの卵の腐った臭いがする薬品で自殺があった。
またか・・・。と思ったのが、正直な感想。

続いて思ったのが、「怖いな」ってこと。
普通に生活している日常のある瞬間に、巻き込まれてしまう可能性があるんだもの。

20代前半の男女カップル。
実際のカップルなのか、どっかのサイトで繋がっただけの2人なのか?
真相は、伝わってこない。

自殺のいい悪いの話は、ややこしくなるのでここではしない。
ただ1点。
なんで、ビジネスホテルで死ぬんだ?
周りの住民にも避難命令がでるような死に方を、なぜ、選ぶ?
「迷惑かけてすみません」
と遺書があったそうだけど、「迷惑がかかる」とわかっていながら、なぜ?

死を選択した人に、なぜなぜなぜ?と問いかけても答えはない。
死そのものが怖いと思わない。
死は誰にでも訪れることだから。

だけど。
こういった人たちに、巻き込まれたくない!
こういった人たちの巻き添えで死にたくもない!
他人を、自身の人生にまきこむなっ!

死んだ後の後始末。
警察は、やってくれないんだよ。
遺体はもっていってくれても、基本的に後始末は親族に責任がくるんだ。
それは、この現実ブログを読んでみるとよくわかる。

この会社は、テレビでも特集を組まれてた。
「天国へのお引越をお手伝い」ってことで。
こんな会社があるんだーと感心したことを覚えていて、
何のきっかけからかブログを見つけ、たまに読むことで現実を知り、
「もうちょっと、がんばろー」と思ったり、
いつかは訪れる自分の死に際を考えて、あせったりする。

ここの会社では、エンディングノートってのを無料配布している。
私自身も欲しいと思うし、両親にも書いてもらいたいと思っているのだけど、
まだ、下さいメールは送れずにいるだよね。

冷静に考えれば、両親は私の友人の連絡先なんて知らないし、
私も両親の友人の連絡先も知らなければ、親戚の連絡先も知らないし、
保険のことも家のことも、家族なのに知らないことだらけだと気づく。

他人の自殺に巻き込まれるとか事故に巻き込まれるとかしたら、
何を伝えることもできず、自分でも気づかずに死んでしまったら、
お客さんをはじめ、色々な人に迷惑をかける。
私しかわかってない情報を、いくつも持ってるからね。
私が知らない間に死んでたら、そりゃもう大変だし面倒なことになるよね。
だから、死への準備をしておこう!と常々考えるのだけど、
いつも、日常に流される。

だけど、いつ何に巻き込まれるかわからないご時勢だから、
やっぱ、仕事に関しては、ちゃんと情報伝達をしておかなきゃね。
うん。早く、きちんと情報をまとめてお客さんに送っておこう。
・・・あーなんか、あせってきた。

しかし。
報道の仕方にも、問題があるよね。
報道を見てると、「こうやって死ねるよ。」って言ってるみたいだもの。

\ スポンサーリンク /

-ぱなぶろ

関連コンテンツ

人気エントリー