パナセ☆オフィシャル

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、独立起業したい人や小さな会社の社長さんをサポートしています!

ぱなぶろ

30年以上ぶり

2008/09/17


に訪れた。
ここは・・・病院。

中央に温室があって、そこが休憩所みたいな待合所みたいな。。
耳鼻科からの紹介で、市内の大きな病院でCTに入ってきました。
10年以上患ってる鼻炎が、思ったように良くならないもんで、
一応、検査しておきましょうってことでね。

検査自体は、あっという間に終了。
30年以上ぶりに大きな病院に来てみて驚いた。
病院独特の、あの臭いを一切感じることがなく、
景観も、昔の病院のイメージはどこにもなく、
総合案内には、事務服をきた女性がいて、スタッフもてきぱき働き、
私どこに来たんだっけ?ここ病院?って感じ。

ちょっと前に、
「病院はサービス業で、患者様と言うように。」
とお上からお達しが出たらしく、昔のような上から目線的な扱いを受けることなく、
場所の案内から診察、支払まで、ほとんど待たされることなく、
気持ちよく、サービスを受けることができました。

よくよく見渡してみると、あちらこちらでシステム化されてることに気づき、
効率化および患者(お客様)を待たせないための工夫が感じられる。
すげーシステムだな。と感心しつつ、
どこの会社が作ったんだ?どんなシステムが動いてるんだ?いくらかかるんだ?
と、通路のど真ん中に立ち止まって、無意識のうちに考えてた。
職業病だ。(笑)

\ スポンサーリンク /

-ぱなぶろ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。 天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業になりました。2012年からは手相観もやってます。⇒手相観ぱなせ

タグ

関連コンテンツ

Copyright© パナセ☆オフィシャル , 2019 All Rights Reserved.