ぱなぶろ

岡山市広報課にモノ申す!

2013/01/30

私、岡山市民です。

今回、岡山市が「おしい!桃太郎市」なるものを打ち出して、ちょーーーだっさい特設サイトを作ったことに、一言申します。いや、一言じゃすまないかも。(笑)

そもそも。「おしい!」ってなんだよ?なにが、「おしい!」のか全然わからんっ。

こちらの地方ニュース(NHK岡山でも)で、「桃太郎市」の話題を取り上げてまして、見た瞬間、「バカじゃん。だっさい。」と捨て台詞をはいて、関係ない話だとスルーしてたんですけど、facebook内で、↓のリンクを添えて、投稿されてる方がいて・・・。

それに、コメントいれたとこからヒートアップ!っていうほどでもないけど、たくさんのコメントが入りまして、流れで、岡山市に意見メール&電話までしてしまいました。

電話口で対応された女性によると、「このダサいサイトはわざとやってるもので、2/1に本サイトがオープンします。」らしく、あくまでも話題づくりってことらしいです。

話を聞いてみると、どうやらこのPR作戦の企画は天下の○通だったらしく、それが地方の○通なのか、都会の○通なのかは知りませんが、○通が作ってコレ?って、感性を疑いましたです。

そもそも、このPR作戦。当然ながら使ってるお金は税金です。税金を使ってPRする目的は、【岡山市の認知度を上げ、観光客を増やすこと!】だと思うんです。今回のPR作戦で、いったい何人の人が岡山に行ってみよう!と思ったでしょうか?

ダサイ、あまりにもダサいぞ?と噂になってるだけで、ネタとして特設サイトや動画を見に来る人が増えても、このPRのおかげで、実質的な観光客数が増えるとは到底思えません。岡山市の担当者は、完全に手段と目的を履き違えていると思うんです。

岡山市の広報課は、「たくさんの人に見ていただけてうれしい」と言ってたらしく、おバカにもほどがあります。

ネタはネタとしてわかるけど、もうちょっとやりようがあるだろう。ましてや、税金使ってるんだぜ。市長の人気取りか?業者と癒着してんのか?広告代理店に踊らされてね~って感じです。

何人の人が意見電話やメールをいれたかわかりませんが、話題にされてるのは良い意味でなく、呆れられバカにされての結果であり、本来の目的である「知名度のアップ」は、悪い意味での知名度アップとなり、「観光客の誘致」に至っては、まったく効果がないってことを、ちゃんと知ってしてほしいです。

岡山市民からすれば、自慢できる(良い意味で)ネタにできるPRをしてくれよ。って感じです。はい。

まぁこうした失敗事例から学ぶことは多々あるので、賢いビジネスマンおよび経営者は、同じ失敗をしないようにしましょーねー?

\ スポンサーリンク /

-ぱなぶろ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

スキルアップ

関連コンテンツ

© 2020 パナセ☆オフィシャル Powered by AFFINGER5