ぱなぶろ

フィクション?ノンフィクション?

2013/03/22

週に2回は冷凍食品にお世話になってるパナセです。こんばんは。

写真は、困った時のお助けアイテム「お好み焼きシリーズ」です。最近の冷凍食品ってクオリティ高いですよね!

ここ数日。なんかバタバタしてました。バタバタというのは、外界との接触が多かった日々という意味でもあります。

家に籠って誰とも話さず、製作だけに集中しているときと比べて、気持ちが外に向いているときってのは、目に見えるカタチになるものがなくて、時間だけが消費されている気になります。

実際は、アポをとったり、打ち合わせしたり、営業したり、打ち合わせのための調べ物だったり、頭の中を整理したりと、目に見える成果物がなくとも、仕事は進んでいるですがね。

私的には、外向きの仕事脳と内向きの仕事脳の仕様が違うので、外向きの仕事をした日は、内向きの仕事(製作作業)ができなくなってしまうので、ちょっと困ってることでもあります。

話は、コロっと変わりますが、TVドラマ「相棒」のファンです。この水曜日に最終回だったのですが、さすがの脚本で、すごく楽しめました。

スマホを使った盗撮・盗聴だったり、ハニ?トラップの逆バージョンであったり、かの国のスパイ話だったりと、現実社会で起こっていることがモチーフとなっていて、まーおもしろかったわけです。

で、ドラマ終了後、ニュースがはじまったんですが、トップニュースが韓国のサイバーテロ。続いて、ハワイで起こったハニートラップ事件。極めつけは、深夜にNHKでやってたロボット革命。

この特集番組もすごかった。

現実に進んでいるのは確かなことなんだろうけど、ロボットが従業員と一緒にラジオ体操してる映像なんて、すごいという感想を通り越して、「ロボットに置き換わる」現実を実感し、恐怖さへ感じました。

現実のニュースそのものが、まるでドラマや映画の中の話のようで、実際に起こっていることなんだろうけど、どうにもフィクションとしか思えず、ちょっと脳を切り替えようと思い、お風呂に2時間入りましたよ。(笑)

今起きている現実は、フィクションなのか?ノンフィクションなのか?今みてる映像は、現実なのか夢なのか?

もしかして、私そのものが人工知能をもったロボットだったりして?(/=`◇´)/≪キャーーーーっ!

\ スポンサーリンク /

-ぱなぶろ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

スキルアップ

マウスコンピューター/G-Tune

関連コンテンツ

© 2020 パナセ☆オフィシャル Powered by AFFINGER5