パナセ☆オフィシャル

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、独立起業したい人や小さな会社の社長さんをサポートしています!

便利ツール

消費者向けサービスをやってるとこは、キャッシュレス決済の導入を急げ!

2019/07/09

2019年10月1日からの消費税率引き上げに伴い、『キャッシュレス・消費者還元事業』という国の制度がはじまります。

この事業は、2019年10月1日(火)〜2020年6月30日(火)を対象期間とし、

消費者(買う側) キャッシュレス(QRコード、クレジットカード、電子マネー)決済で支払いすることで、5%のポイント還元が受けられてお得!
販売者(売る側) キャッシュレス決済を無料で導入でき、決済手数料も安くなりお得!還元できる店舗にならずとも、この時期の導入がお得!

さらに、自社のお客さんに(国の負担で)5%のポイント還元ができて、増税分を賄えるどころかポイント還元で実質お得に買い物できることで喜ばれる!

と、キャッシュレス決済・スマホ決済の導入をすると買う側も売る側もお得になるので、10月1日のスタート日に間に合うように、急いで準備しましょう。

還元できる店舗・企業になるには申請が必要!

『キャッシュレス・消費者還元事業』とは?消費税率が10%に引き上げられる2019年10月から9か月間、キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業で、中小・小規模事業者が対象となります。

消費者にとってのメリットのみならず、キャッシュレス決済用の端末導入費用補助や手数料補助など事業者にとってのメリットもあります。還元できる店舗になるには申請が必要です。

還元できる店舗になる申請は、決済代行事業者として登録されたサービスに申し込む時に合わせて申請できます。>決済代行事業者を全部確認したわけではないので、申請できないとこもあるかもです。

キャッシュレス化は止まらない!この波に乗るが良し!

10月が近づくにつれて、キャッシュレス決済の導入が増える=還元できる店舗になるための申請も増える=審査に時間がかかるようになると思うので、早めの準備が良いと思います。

キャッシュレス化の波は止まらないので、消費者向けのサービスを提供しているところは、この機会に乗るが良しです!

加盟店IDは、ひとつ。

加盟店IDとは、本制度(国の事業)の独自に全加盟店に割り当てられる13桁の番号です。複数の決済事業者を準備しても、加盟店IDはひとつです。

例)○○Payを申込み、同時に還元できる店舗として申請している場合は、加盟店ID発行手続き中となります。別の決済事業者に申込む場合は、加盟店ID入手後の申込みとなります。

オススメ決済業者

国に認められた決済代行事業者は、↓ココで探すことができます。

「クレジットカード決済」だけよりも「QRコード決済」や「電子マネー決済」など、複数準備するほうが良いと思います。

ひとつで揃う!Coiney(コイニー)

対象事業者でなくても、今なら端末代がタダ(通常、19,800円)になるので、この機会にキャッシュレス決済を導入するのが良いと思います。>タダ乗りキャンペーン

Coiney(コイニー) であれば、店舗・対面販売時のクレジットカード決済に電子マネー決済(iOS端末のみ)ができるCoineyターミナルに、電話注文やメール注文のお客さんに決済用のウェブページを作成してURLを送信するだけでオンライン決済ができるCoineyペイジが導入できます。

手数料が無料!PayPay(ペイペイ)

QRコード決済の○○payが乱立していますが、その中でオススメはPayPayです。今なら無料で導入できるどころか、キャンペーンで10,000円もらえます。>条件あり

ジャパンネット銀行であれば末締め翌日入金も可能!

PayPayは、受取口座をジャパンネット銀行に設定しておけば、永遠に入金手数料が無料になります!ジャパンネット銀行は、とても使いやすいので、これを機会にビジネス用口座(個人事業主もOK)を開設しておくと便利になると思います。⇒ ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

\ スポンサーリンク /

-便利ツール

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。 天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業になりました。2012年からは手相観もやってます。⇒手相観ぱなせ

タグ

関連コンテンツ

Copyright© パナセ☆オフィシャル , 2019 All Rights Reserved.