私は、少数派。

 
鬼太郎電車-本文とまったく関係ありません。

会社勤めの人の3日分(8時間×3)を1日でこなし12時間眠る、という世間の2日が1日になってるパナセです。おはようございます。
今、お客さんとこの仕事に、自社サイトの整理整頓や製作に、たまに手相鑑定と、なんか起きてる時間があっという間に流れて流れて、気づけば、2か月以上もブログ更新してませんでした。っていうか、ブログ更新をせねば!とは、いつも頭の中にあるんですけど、優先順位が低いので、なかなかねー。また、私の場合、書き出すと長いから、時間がかかってかかって・・・。ちゃちゃっとブログが書けるようになりたいです。>希望

ネットの世界は、ほんとうに流れが速くて、それに追いつくのが大変で、どんだけ勉強しても終わりがなく、次から次へと新しいことをいれていかなきゃならず・・・45歳(四捨五入で50歳)を過ぎたパナセさんには過酷な日々でございます。>自虐モード満載(笑)

と、ひさびさのご挨拶と愚痴はこれぐらいにして、今日の本題。
経営者の立場、管理職の立場、従業員の立場では、同じ現象であっても、見えてるものが違うんですよね。まぁ当たり前です。給料払う側と貰っている側、雇う側と雇われる側、仕事取ってくる人と請けるだけの人、時間給で働いている人と時給の概念がない人、物と売る人と買う人では、立ち位置が違うので見えてるものが違って当然なんです。
わかってはいるんですが、目の前に違う立ち位置の人が現れ、その立ち位置の価値観で話をされると、驚くことが多々あります。

この間、18歳からの友人に数年ぶりに会ったんです。で、一緒に、その友人が勤めていたスナックのママとも12年ぶりに会ったんです。で、ママに今の仕事を「中小企業のホームページ製作やコンサルとかやってるんです。」と説明していたんですが、それを聞いてた友人が一言「それって、ファイナンシャルプランナーとかいうやつ?」って聞いてきたんです。

え?は?

って感じですよ。
彼女からすると、中小企業向けのコンサルであってもファイナンシャルプランナーと同じに思えるわけですよ。まぁどちらも【人の相談にのる人】なので同じと言えば同じなのかもしれないけど、やってる立場からすれば「それは違う!」と声を大きくして反論したくなったわけですよ。
仕方ないっちゃー仕方ないんでしょう。だって、彼女の周りにはコンサルとかIT系とか言ってる人+稼いでいる人はいないんですから。


これまた本文とは関係ありません。ww

今の私の周りには、経営者とか自営業者とかコンサルとかばかりで、経営やビジネスの話が日常会話です。こうした環境が当たり前になっていたんですけど、世間の大多数の人は、時間を提供して給料貰ってる人なんですよ。そんな人からすれば、【時給】で働いていないこと自体が理解できないですよね。何か見てとれるモノを仕入れて売っているなら、まだやってることもわかりやすいんでしょうが、IT系にコンサルなんて、まったくちんぷんかんぷんな仕事です。
そういえば以前に、「IT系の自営業してます。」って言ったら、「それって時給ええん?(いいの?)」って聞いてきた人がいて、【自営業】ってのも理解せず、何か業種の1つぐらいに思った人がいて驚愕したこともありました。

当たり前に過ごしている環境や立場からの視点だけで物事を見たり考えたりしていると、それ以外の立場や視点を忘れがちになるんですが、色々と立ち位置を変えて見てみると、また違ったモノが見えてくるもので。自分の環境が当たり前だと思っていたら、実は少数派だったってことに改めて気づかされ、私はどうあっても基本【売る側・提供する側】の人間だなーと実感したのでございます。

なんか、言いたいことをまとめきれないまま、長くなってきたので、この辺で。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP