ぱなぶろ

春の闇

昨日と変わらない日常の1シーン

ほんの一瞬で切り取られる人生
同じ場所、同じ時間にいながら、区別される生死

残された人々の深い哀しみが闇と共に沈み
大事な人がここにいる安堵に胸を撫で下ろす

今日は昨日に戻らない
明日は今日に戻らない

他人の死をもって、愛していると伝えられる生を尊び
生は自分のものではないことに気付かされ
祈るしか出来ない無力の自分に気付く春の闇の中

誰のために涙を流す

\ スポンサーリンク /

-ぱなぶろ

関連コンテンツ

人気エントリー