パナセ☆オフィシャル

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、独立起業したい人や小さな会社の社長さんをサポートしています!

働き方

仕事や転職の相談をよく受けるので、転職サイトに登録して求人見まくってたら転職したくなった。

2019/07/05

転職を山ほどしてきたこともあり、仕事や転職や起業独立の相談をよく受けます。

20代や30代前半の若い人なら、どんな職種でも求人があるし、転職サイトとか使って情報収集も上手くやるので、方向性や向き不向きを助言するだけでOKですが、40~50歳の転職相談は、安易に辞めろとも独立しろとも言えず、難しい面があるんですよね。

私自身が転職しまくってたのは15年前で。その頃は転職サイトなんて無くて、求人情報誌を買ってたんですよ。>懐かしいね。ハローワーク経由の転職は、ほとんどしたことなくて、いつも求人誌から見つけてました。

最近は、ハローワークだけでなく民間企業の転職支援サポートが充実してて、転職サイトも色々あるのはいいけど、地方における40~50代の求人があるのか?を知らずして、具体的なアドバイスができないなーと思ったので、世間の求人内容を知るため+自分の興味も含めて転職サイト『リクナビNEXT』に登録してみました。

登録は、メールアドレスだけで簡単にできましたが、自分の経歴を入れるのには、ちょっとヨイショがいる(記憶を思い起こすのが大変で。笑)、登録は途中までで一時保存して、岡山の求人を見だしたら面白くて。気づけば、2時間以上、求人を見て回ってました。

求人内容を見る⇒その会社のサイトを見る⇒代表者や会社の歴史を見る⇒口コミを見る⇒自分が働くなら?と妄想する・・・なんてことをしてたら、あっという間に数時間ですよ。

求人情報は、妄想を掻き立てられて楽しいね!自分が転職するつもりで『お気に入り』マークとかつけていたら、私自身が転職したくなってきたたよ。>やばい虫が・・・。

私にとって転職は、新しい仕事を知ること+自分の実力を試す場だったので、いつもワクワクしてました。「私に出来るだろうか?」なんて不安感を持ったことがなく、やったことないことをやるのを楽しみにしてるぐらいでした。

15年前に比べて、最近は転職しやすくなっているから良いね!全国の求人も家にいながら見れるんだもの。「今すぐ転職するつもりは無いけど、そのうち転職したい。」と考えている人は、転職サイトに登録して求人を眺めてみるだけでも、良い刺激になると思うよ!

モチベーションを上げる方法

続きを見る

\ スポンサーリンク /

-働き方

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。 天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業になりました。2012年からは手相観もやってます。⇒手相観ぱなせ

タグ

関連コンテンツ

Copyright© パナセ☆オフィシャル , 2019 All Rights Reserved.