老猫はな。行きつけの動物病院で1番の長生き猫さんらしい。

老猫はな。老齢のせいで歯周病が進み、1週間ぐらい前から出血するようになり、昨夜、左ほっぺから出血。調べてみれば、歯周病が進むとほっぺからの出血もあるそうで、今日の夕方、動物病院へ。

老猫のため、今さら全身麻酔の手術はできず、対処方法でやってきたんだけど、どうも膿がたまってるっぽくって、抗生物質で菌を抑えていくことに。

その時に、この病院で1番の長生き猫さんは?と聞いてみれば、去年まで24歳の子がいたけど亡くなったので、はなさんが1番の長生き猫さんになったって。ヽ(=´▽`=)ノワーイ!!

写真キライなので、正面写真はだいたいフテ顔。(笑)

「22歳だもんねー。人間の年齢で言えば104歳。スゴイよね-!」と先生と二人で感嘆。ご飯も食べてるし、このまま状態を保ちながら、少しでも長生きしてほしいけど、なんせ104歳。

いつ何があってもおかしくない年齢なことは確かで。日々、一緒にいられることに感謝感謝で。日々、愛おしさが増してます。

お猫さまのために、至る所に猫ベットがあり、その数、8つ。猫2匹しかいないのに。>ありすぎだろ!(笑)

その辺でゴロンと横になってると若猫モモが戯れようとするので、若猫モモ避けに避難場所として至るところに猫ベットを配置してるんですよ。サプリも増やす一方で、人間もだけど、動物もそれなりに健康で過ごすにはお金がいるなーと実感してます。

お猫さまに快適な生活を提供するために、下僕(人間)は一生懸命稼ぐのですよ。ガンバロウ!(`0´)ノオゥ!

\ スポンサーリンク /

-

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

人気エントリー

関連コンテンツ

スキルアップ

© 2021 PANACEE(パナセ) Powered by AFFINGER5