老猫はな。またもや調子悪し。

老猫はなさん、22歳と6ヶ月。先週の金曜日14日から、またオシッコがでなくなり。ほぼ半日オシッコが出なかったので、夕方、病院に連れて行きました。

雌猫なので尿道結石とかは考えにくく、エコーを取ってみても詰まるほどの結石はなく、今年の5月頃に同じような症状があり、その時に歯周病の菌が原因だったので、今回も同じく歯周病の菌が回って出にくくなっているんだろうってことで抗生物質の注射をしてもらいました。

注射を待ってる時に、オシッコが出たので、「やー出たでた!良かった良かった!」と喜んでいたのですが、家に戻ってから1度トイレに自分で行き、ほんの少しオシッコをだし、その後、翌々日の16日まで、水も飲まず、ご飯も食べず、寝たきりとなり、トイレに行くこともなく、そのまま漏らすようになってしまいました。

ペットシーツの中に埋もれる猫様

15日は、このままご飯も食べなくなって虹の橋に向かっていくのかと心配になって、色々検索しまくり、半分覚悟を決めかけていたのですが、どこかで「いや、まだ大丈夫」という思いもあり。

16日になって、ちょっと動き出すようになり、ご飯も少し食べ、お水も飲むようになり、少し安心したけどオシッコは垂れ流し状態。

身体が濡れると、冷たくなるのか気持ち悪さを感じるのか、寝床からぞろぞろと這い出して来て。痛みを感じてるようでは無いんだけど、下半身がヨタヨタで、上半身の力だけで起き出してくる感じで。

今日になって、さらに元気になってきて、ご飯も欲しがり、お水もしっかり飲むようになり、さらに安心したのですが、さっき尿に血が混ざってるのに気づきました。

で、またもや色々検索した結果、たぶん、14日にオシッコが出なくなったのは歯周病の菌ではなくて膀胱炎の症状で、それが悪化してしまったのでないかと。

安物のペットシーツを使っていたので、水分の吸収が悪く、身体が濡れるので、その度に身体を拭くのですが、それもまた嫌がって嫌がって。お世話する人間側も、何度となく仕事は中断されるし落ち着いて眠れないしと大変で。

オムツしようかと思ってお試しを買ってきたらサイズは小さいは、無理につけようとして怒られるはで良いことなしで。(-_-)

水分の戻りが少なそうな、ちょっとお高いペットシーツを買ってみたら、効果てきめんで濡れ具合が少なくなり、お世話が少し楽になりました。やっぱお高いものは良いのね。

消耗品だから安くあげたいけど、身体を拭く回数が増えると猫にも人間にも負担が増えるので背に腹はかえられないですもんね。

赤ちゃんのオムツ代がかかる気持ちとか介護のしんどさとか、どっちもしたこと無いけど、ちょっとだけ分かった気がします。(笑)

車嫌い病院嫌いで、病院に連れて行くだけで相当のストレスで、すっごい怒られるし機嫌が悪くなるので、極力病院には行きたくないけど、そうもいかず。22歳にもなると、あちこちに不具合が出てくるのは仕方ないことで。

どなたかが、お猫様のことを「まるで子供のようですね。子育て頑張って下さい。」とメッセージをくれたのですが、子育てなら、いずれ自立してくれますが、介護なんで子育て気分とは違うんですよね。

家の中は、いたるところにバスマットやキッチンマットが敷かれ、その下にペットシーツを敷き、床や畳が濡れないようにしましたが、床・畳の全部をカバーできるわけもなく、洗濯回数は増え、強制的な床掃除も増えてます。いやーキレイになっていいわー。>ザ・強がり!(・∀・)

お世話するのは全然イヤでは無いんですが、本猫にとって何をどうするのが最適で快適な状態なのかが分からないので、試行錯誤の日々です。明日、また怒られながら病院に行ってきます。

\ スポンサーリンク /

-

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

関連コンテンツ

スキルアップ

© 2020 PANACEE(パナセ) Powered by AFFINGER5