ツナコーンにチョコチップ>1度に2種類作った。

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

粉量200gで、同じパン6コとか作ると味に飽きてきてしまうので、パン作り30回目は、2種類のパンを作ってみるとことに。

ツナコーンマヨパン

1種類目は、ツナコーンサラダにマヨネーズをかけたツナコーンマヨパン!>芸がない名前だ。(・∀・)

ツナ缶とコーン缶を混ぜて、塩コショウ&マヨネーズで味付けしたフィリングを、平たくした生地に乗っけて、マヨネーズをかけて焼いてみた

12cmの新IFトレーを使ったので、手のひらより大きいサイズのパンになった。もうちょっと小さめサイズの方が食べやすいね。

ツナコーンマヨのフィリングは、間違いが無いよね~。惣菜パンとして美味しくできた!

チョコチップちぎりパン

生地が捏ねあがったとこで、半分にココアを混ぜ込んだ生地を作り。一次発酵後、12コに分割して、チョコチップをいれながら、チマチマ丸めて、ちぎりパンに。

これは、新IFトレーリング ミニの型を使ってドーナツ型に。型を使うとキレイな形になるから、見ても美味しいよね~。

パンやお菓子って、視覚・嗅覚・味覚から美味しいと感じることが出来るので、作ってる段階から幸せな気分になりますね~。

本日の学び

  • 200gで2種類のパンも、十分に作れるね!
  • やっぱり型を使うと、形が崩れくてイイ!
  • 新IFトレーは、パコっと凹むので、焼き上がり後のパンを出すのに注意!>1コ凹ませてしまった。(-_-)

1度に2種類作るのは、手間が増えてバタバタするけど、惣菜パンにおやつパン、同時に2種類作れると幸せ感が増す。

惣菜パンは朝ごはんに、おやつパンは深夜の夜食にできて、2日で消費できるのもいい感じ!(・∀・)イイ!!

PR