貯蓄は未来に投資すること。

↓を読んで、ふーんと。

茂木健一郎が語る、脳と貯蓄の関係

貯蓄は、未来に投資することとな。
確かにそうね。

明日・明後日、それ以降も生きていると誰もが思っている。
お金がなければ、誰もが不安になる。
どこに預けていようと、自分のお金がある程度あれば、
それは、安心感になり、より前向きに何かを始めようとも思う。

貯蓄は自身の安全基地になる。
楽観主義という脳の働きを利用して、貯金をしよう!

うん。それはよくわかった。
けど・・・目先の生活に終われて、
なかなか、できないのが貯金なんだよね。。

後で読むためにブックマーク。

勝間和代氏に学ぶ、金融リテラシーの基本7カ条とは?(前編)
「銀行ばかりに預けてはいけない」――勝間和代氏の考え方(中編)
勝間和代氏が勧める、お金に働いてもらう金融商品(後編)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP