今日を生きる。

毎日かかさずチェックしている、くるねこの最年長もんさんが虹の橋を渡った。

何度も危篤状態を脱しながら、17年生きた。きっと幸せな猫生だったに違いない。

うちのお猫様も、16歳を超えた。おデブちゃんで、ご飯はモリモリ食べるし、病気にもなったことないので、まだまだ生きてくれるだろうとは思っているけど、動物の1年は、人間の1年と違うから、あとどれくらい一緒にいられるかな?

↓暖かくなってコタツに入るほど寒くないけど・・・早くコタツ(パナセが)に入ってこないかしら。膝の上にのりたいんだけど・・・と考えてる姿。(笑)

ペットを亡くすと、ペットロスになる人もいるらしいが、きっと私は、にゃんが死んだら数日後には新しい猫を迎えると思う。

13歳の頃から、ほとんど猫がいる生活を過ごしてきているので、モフモフの無い生活は考えられない。

さすがに、こんなに長く側にいた猫はいなかったので、いなくなってしまうと、とても寂しいとは思うけど、どうがんばったって、ペットは先に死ぬものだしね。

悲しみにくれて生きるより、新しい猫を迎えるほうがいいと思うんだ。

今日もいて、明日もいる。と当たり前に思っているけど、当たり前の日常ってのは無い。ってことを、誰もが知っている。

去年の地震・津波しかり。普段は忘れてしまいがちになるけど、決して、今日と同じ日はないんだ。私も猫も、日々死へと向かっている。

いつも、死は側にある。猫生も人生も、有限だということを、ペットの死からも再認識して、今日を生きる。

\ スポンサーリンク /

-

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

スキルアップ

関連コンテンツ

© 2020 PANACEE(パナセ) Powered by AFFINGER5