バナナ香るクリームパン>ほぼバナナだけで作る生地は、甘い香り~いい匂い~。

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

パン作り6回目。さて何を作るべ?と、あいりおーさんのレシピ本を見ていくと、ほぼバナナの仕込み水だけで作る【チョコバナナパン】があり。

「バナナの水分だけで、パンが作れるの?!」と驚き桃の木になったので、モノは試しとチャレンジしてみることに。

ただし。レシピのままにちぎりパンを作る気にはならなかった(ザ・天の邪鬼)ので、生地の作り方だけを参考にすることに。

レシピのポイント

  • 仕込み水は、バナナと少しの牛乳だけ。
  • ドライイーストは、耐糖性のものを使う。

このレシピの素晴らしいところは、バナナ150gに牛乳を20~25g入れて、ほぼバナナの水分量だけで作る生地ってとこ。

バナナを潰してみると分かるけど、バナナにも多くの水分が含まれているんですよね。

あいりおーさんのレシピでは、牛乳は20g入れて、捏ねながら水分が足りてないと思えば、プラス5gしてね。とあったけど、私は最初から25gを合わせました。

パン作り6回目の初心者なんで、「水分が足りない」とか、よく分からなくて。水分量が多いほうがいいだろう。ぐらいの軽いノリで。

糖分が多い生地になるので、ドライイーストは耐糖性のものを使用。最初の大人買いの時に、ちゃんと購入していた私。偉いっ!(・∀・)

上にはアーモンドスライスをパラリと

バナナを潰している段階から、バナナのいい匂いがしてきて、すでに美味しい。>臭覚だけで美味しいと感じる。

ほぼバナナだけで作っているので、生地も少し黄色味かかっているけど、これはこれで美味しそうで。>視覚で美味しいと感じる。

レシピでは、18cmのスクエア型を使った「ちぎりパン」になっているけど、16コも丸めるのが面倒で、6分割して丸め、電子レンジで作ったカスタードクリームをいれて、クリームパンにしてみることに。

カスタードクリームは、最初にチャレンジしたクリームパンで作ってみていたので、今回もレンジで温めながら、グルグルかき回して、普通に美味しいカスタードクリームができました。

っていうか。カスタードクリームって熱をいれてグルグルかき回すだけなので、ほぼ失敗が無いんだよね。簡単にできるのが良い!

パンを半分にちぎったとこから、バナナの香りがふわ~と広がり、口に入れれば鼻からバナナの香りが抜けて、鼻にも舌にも心にも甘くて美味しい【バナナ香るクリームパン】になりました。

パンを鼻先まで持ってきて、クンクン匂いながら「これはアリだな。大アリだな。」と、一人納得。こんな作り方もあるんですね~。

小物は100均で用意したよ。

インスタを始めたので、映えるように頑張って写真を撮ってみたんですが・・・センス無いわ~。(´・ω・`)

写真も上手になるのかしら?

本日の学び

  • ほぼバナナだけで、パン生地ができるよ!
  • 熟しているバナナでOK!ってか、熟している方が良いね!
  • 糖分が多い時は、耐糖性のドライイーストを使うのね!

でしたー。

バナナだけの水分量で、パンが作れてしまうなんて!と、出来上がったパンを見て匂って食べて、驚きと感動でした。

しっかし。丸めるだけの成形も、生地を閉じるのが上手く出来ずで・・・自分にガッカリですよ。習うより慣れろ!の精神で、修行を続けます!

まだまだ、パン作りマスターの道は遠い。

PR