不格好!黒ごまくるみパン

くるみパンが大好きで、いつか作りたいと思っていた【くるみパン】。コッタで500gのくるみを買ったので、くるみパンを作ってみることに!

パン作り20回目:くるみパン

今回は、パンをしっとり柔らかくすると噂のトレハロースも使い、前日夜からの仕込みで長時間低温発酵で生地をつくってみた。

くるみパンを作る場合、先にくるみを焼いておく必要あり。生地に練り込むのは、手捏ねで行ったのだけど、凸凹してるので、まとめるのに一苦労。

生地にくるみや黒ごまをいれているとは言え、やっぱり膨らみ方はいまいち。低温すぎるからかな?

翌日、室温に戻し、生地をカットし、しばしベンチタイムを入れ、いざっ成形!

不格好っ!! ( ゚∀゚)アヒャヒャ

何をどうして、こんな形になったのか?切り込みの本数、5本なのか?6本なのか?で迷い、思い切りの良さも無く、こわごわやったら、こんなに不格好な形に。

丸めた生地に切れ込みをいれるだけの簡単成形のはずなのに、こんなに下手くそに出来るなんて・・・。不格好選手権に出したいぐらい。>そんな選手権は無い。(笑)

これも、練習あるのみ!切り込みは、おどおどやったらダメね。思い切り良く、ぐさっといかないと生地がよれるね。

はじめての成形だから、こんなもんか。不格好でも、黒ごまくるみパンは美味い!

本日の気づき

  • くるみをフィリングで使う場合、先にオーブンで焼いておく。(170度で10分ぐらい。予熱なしでスタートしても、十分ロースト出来てた。)
  • トレハロースをいれたからか?生地は柔らかかった。
  • 切り込みいれるなら、思いっきり良く!
  • 冷蔵庫での発酵の場合、野菜室での発酵の方が良いらしい。冷蔵庫だと温度が低すぎるそうな。>そうだったのか!?

でしたー。

やってみて気づくことが、たくさんありますね。冷蔵庫での長時間低温発酵がいまいちだったので、調べてみたら、野菜室ぐらいの温度が良いと、どこかに書いてありました。次回から野菜室でやってみます。

¥461 (2022/05/16 18:50:55時点 楽天市場調べ-詳細)
PR