おっぱいパン>マフィン型で作るクリームパン

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

マフィン型と一言で言っても、実はメーカーによって形が違うようで。手元に2種類のマフィン型があったので、どんなパンが出来るかと試してみた。

パン作り25回目:プチクリームパン

マフィン型を使ってプチクリームパンを作ろうとして、トップに粒ジャムを乗っけたら、おっぱいパンになった。( ゚∀゚)アヒャヒャ

仕込み水を、卵と牛乳にしたので、やわやわ生地に仕上がった。

200gの粉量で、10コに分割したんだけど、クリームの量が少なかったわ。

カスタードクリームは、

  • 全卵1コ
  • 牛乳200g
  • シュガーカット15g
  • バニラビーンズ適量

で作ってみたら、味も色も薄かった。牛乳200g使うなら、もったいぶらずに卵2コ使った方がいいね。

卵白だけを残すと消費するのに困るから全卵を使ったけど、美味しくするなら黄身だけの方がいいし、黄身2コの方が、もっとカスタードクリーム度が上がるね。

甘みも足りなかった。シュガーカットだけではコクが出ないから、きび砂糖とかと混ぜたほうがいいな。

味は悪くない。母には、美味しいと評判だったけど、基本、母は何でも美味しいと言ってくれるので信用ならず。(笑)

ワタシ的には、底の方が分厚くなりすぎてて、ちょっと気に入らず。丸めるだけの成形でも、フィリングをいれると閉じる方に生地が増えて、底が厚くなるのがムズイところ。>成形がヘタなだけー。

くるくると巻いた成形で、マフィン型で焼くと、可愛いパンが焼けそう。

型の違い=形の違い

マフィン型。1つは安かったので楽天で購入し、1つはコッタさんで購入。コッタさんの型は直立型なので、出来上がりも縦長にぐっと伸びたものに。

上から見た感じは、コッタ型の方が直径が小さくなる。横から見ると一目瞭然。コッタ型は直立型なので、上にぐぐっと伸びて縦長になる。

マフィン型なので、マフィンを焼けば、キノコの形になるのが特徴。>まだ、マフィンを焼いてないけど。

形が変われば、印象も変わるので、好みの問題だね。

本日の気づき

  • マフィン型でパンを焼くと、縦伸びするので、フィリングとの間に空間ができやすい。
  • 丸い形のままで焼きたいなら、マフィン型は使わず、そのまま焼くほうがいい。
  • カスタードクリームは、卵をケチるな!

でしたー。

PR