暮らし

手作りマスクを作るために、給付金でミシン買った!

2020/06/22

6月に入って、やっと家にもアベノマスクが届きました。

テレビで散々「小さい」と言われまくっていたもんだから、母(75歳)も見た途端に「やっぱり小さいよね~」と言い出し。

「小さくても使えないサイズじゃないし、何度でも洗って使えるマスクなんだから、袋入りのまま保管しておけば良いじゃん!」と言うと、「これバラして、もう少し大きく作り直そうか・・・」と。その言葉に、( ✧Д✧)キラーンっと反応。

「マジで!作り直す!なら、手ぬぐい買うから、アベノマスクのカーゼをマスクの裏地にして手ぬぐいマスク作ってよ!」とお願いすると、「それはいいかもね~。やってみるわ。」とその気に。

マスク作るためにミシンまで購入

元々、母は洋裁のできる人なので、これは良いチャンス!と、早速、ネットショップを探しまくり、手ぬぐいセットと耳ゴムにノーズワイヤー、型紙つきのマスクキットまで購入。( •̀∀•́ ) ✧ドヤ

材料が揃い、早速、仮縫いマスクを作ってくれて。「やっぱり手縫いよりミシンの方がいいかもね~。」と言うと、「友人か妹のとこでミシン借りるわ。」と言い出し。

「10万円の給付金を頂いたことだし、せっかくだからミシン買おう!ミシンあれば、色々便利でしょ!」ってことで、ミシンまで購入することに。

マスク作るためにミシン購入って、なんか本末転倒な気もするが、まー気にするな!(・∀・)

昔、猫型の可愛いキーホルダーを買って。このキーホルダーをつけるなら車のキーだね!って、車を買いに行った過去があるので、今回のミシンなんて安いものよ。>なんの話だ。(笑)

ミシンを買うために徹夜で待機

早速、ミシンを探してみると・・・。まぁどこもかっこも手頃なミシンは売り切ればかり。予約購入で買っても、発送は7月とかばかりで。

コロナの影響がこんなとこまで・・・と思いつつ探しまくっていたら、6月13日午前8時から販売スタートのミシンを見つけ。探してた日が、ちょうど前日で。「これはグットタイミング!」と、朝8時に即購入できるように徹夜で待機。

朝8時、いざ参戦っ!と購入ボタンを押した瞬間にエラー画面。「えっ!?えっ!?」と。たった数分で売り切れに。「やっと買えた」というレビュー投稿の通りに、見事に買えませんでした。(-_-)

結局、並ばなくても買える少し高いミシンを買うことに。クーポンで値引きされて31,000円(ポイント16倍で、5,000円ほど戻ってくる)で購入。

今見たら、私の買ったミシンも売り切れになってた。これ↓は、私の買ったミシンよりグレード高いやつ。

3万円のコンピューターミシンに感激!

数日後、ミシン到着!

まずは開封の儀!本体のダンボールにビニールがかかった状態で届きました。写真を撮るのを忘れてて、一部ビニールを剥いでしまってる。(笑)

フットコントローラー等も合わせ買いしたんだけど、それらも一式、箱に収まってました。

ケース付きの商品なので、ケースごとヨッコラしょと取り出り、いざオープン!ピンクがカワイー!

これだけのミシンが3万円台で買えるのね~としみじみ。20年以上前の昔々に、25万円のコンピューターミシンを売っていた人間だからね!⇒その時の職歴はコチラ!

昔とった杵柄で、いざミシン!

ミシン屋だった時を思い出しながら、同梱されてたDVDを母と見て、ボビンの糸巻きやら糸掛けを行い、いざ試し縫い!>試し縫い中の写真は撮るの忘れた。

試し縫いがてら、仮縫いしてくれてたマスクのミシンがけを母に教えながら行い、チマチマとしつけ糸を取って、手作りマスクが完成~!

最初の手作りマスクにしては上出来!手作りマスクだと形もサイズも自由自在でイイよね~。手ぬぐいなので肌さわりも良いし、呼吸もしやすく、可愛い柄でテンションも上がる。

この先、マスクは必須の世の中が継続するなら、味気ないマスクより着けてて気分が上がるマスクの方がいいもんね。手ぬぐい10枚も買ったので、まだまだ作る予定で(主に母が)、いずれ服のリメイクにも挑戦したいなって思ってます。

\ スポンサーリンク /

-暮らし

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

スキルアップ

関連コンテンツ

© 2020 パナセ☆オフィシャル Powered by AFFINGER5