ぱなぶろ

行動なくして結果は出ず

昔、高松にいた頃の話です。その頃は、IT系会社の支店長代理をしていました。

毎日、1円の売上に拘り、部下には行った先が不在でも、「必ず名刺に一言書くなりして、相手に見えるようにしてくるように!」と、口酸っぱく言いまくってました。

ある日、その日は今月の売上締め日だったか?売上目標にいくら足りない、さて、どうすっぺ?どこに何が売れる?的な話をしていました。

途中、部下から電話があり、1件ダメだったと。それは仕方ない。もう遅いから戻っておいで。と電話を切った後、この部下がいつまでたっても戻ってきません。

「あれー?遅っいねー。」なんて話してたら、彼が戻ってきました。

で、「○○会社、契約取れました!」と!!

「おぉーーー!!これで、目標達成っ!?」と、狂喜乱舞ですよ。(笑)

「どしたんどしたん?」と聞くと、「いつも、名刺でも何でも置いてこい!って言われていたので、帰る途中にある見込み客先に寄って名刺だけでも置いてこようと立ち寄ったら、たまたまオーナーに会うことができて、そのまま話が進み契約になりました!」と。

「あんた、えらいなぁ~。」としきりに感心すると、「だって、いつも言ってるじゃないですかー。」と。

いつも言い聞かせているはずでも、ほとんどの人間は行動しません。

【言うは易く行うは難し】なのが人間なので、実際に行動してきた人間を見るのも滅多にないことなので、本当に、彼の行動力に感心しました。>出来る営業マンは言われずとやりますけどね!

彼にしてみると、期待していた1件目がダメになり、このまま帰るのは悔しいし、何か行動した事実を残しておきたい一心から、普段、私に言われていたことを実行に移しただけだったのですが、その数秒の判断からの行動が、しっかり結果に繋がりました。

1番喜んでいたのは、当然ながら、彼自身です。この成功体験は、彼の人生においても意味あることだったと思います。小さな成功体験かもしれないけど、自身の判断と行動があっての結果。

ほんのちょっとの意識の差で行動にも差がでて、ちょっとの行動から結果が生まれるということが実感できたのは、貴重な体験だと思うのです。

先日、手相鑑定に来られた方に私を知ったきっかけを聞いてみたところ、あるケーキ屋さんに残していった1枚のリーフレットを見たからだと。

ある日、自分のおやつを買いに立ち寄ったケーキ屋で、最後にケーキを手渡してくれた人が若い女性だったので、思わず、「近くで手相観やってます。良かったら・・・」と言って、無理やり1枚手渡したものだったんですよ!

相手も、今ケーキを買ったばかりの客なので、むげに断るわけもいかず、お愛想しながら受け取ってくれただけだったのでしょうが、その1枚のリーフレットが、スタッフルームに残り、今回来られた彼女(その店の社員)が見てくれて、今回の出会いとあいなったわけです。

すごくね?(笑)

もうね。ちょっとした行動から結果に繋がったことが嬉しくて嬉しくて。自分の行動力に、自分で感心しましたのよ。で、先の話の昔の部下のことも思いだしました。

やっぱね。【行動せずして結果です】ですよ。お客さんとかにも、よく冗談めいて、「リーフレットと飴ちゃん持って、出会った人には必ず渡しましょう!

飴ちゃん食べる?とか言いつつ・・・「こんなこと、やってます。良かったら・・・って。」と、どこでも営業活動!を進めるんですが、実際、やる人やれる人は少ないんですよね。

経営者本人でも、なかなか行動できないのに、これを社員が休みの日とかに立ち寄ったとこでやるわけがない。

でも、やっぱり行動すれば、ちゃんと結果に繋がることが証明されたので、私自身は、世間様に「営業の天才なんで!」と豪語しているからには、遠慮せずに、がしがし行動していきたいと思います。

でも、さすがにスーパー・コンビニのレジの人には渡せないけど・・・。いや、コンビニのレジの人も、時間帯によっては余裕があるので、渡しちゃってもOKか!

今、「やっちゃえやっちゃえ?」って言う、天の声が聞こえた!(笑)「やったもん勝ちだ?」とも。

ほんの10秒の行動なんだよね。いや、10秒以下かもしれない。たった数秒の行動が、明日の売上を作るんだよ。やらなきゃダメだよね~。
>会社としては、こうした【どこでも営業活動できるツール】を作っておくことが大事ね。

\ スポンサーリンク /

-ぱなぶろ

パナセ

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。2012年からは、手相観もやってます。

関連コンテンツ

スキルアップ

© 2020 PANACEE(パナセ) Powered by AFFINGER5