パナセ♥オフィシャル

パナセはフランス語で”万能薬”という意味です。「天職探して、転職30回!」の経験を活かして、小さな会社の社長さんをサポートしています!

ダイアリー

ソロハラ?

投稿日:2017/12/20 更新日:

気づけば、12月も中旬を過ぎ、2017年も残り10日あまり。11月に復活宣言したのに、12月になった途端に更新ゼロは避けなければと日々思いつつも、なかなか時間が取れずに、またもや放置状態になってました。

更新しなきゃ・・・と頭に引っかかってるうちに、更新するよー。この引っかかりを忘れてしまうと、また放置状態に突入しちゃうからねー。

大河ドラマ「女城主直虎」が終わった。

この日曜日。今年の大河ドラマが終わりました。最終回なのに、話の中盤で主人公が亡くなってしまい、「えっ?えっ?死ぬの?ここで死ぬの?」とテレビに向かって問いかけましたよ。(笑)

しかし。その後の30分も素晴らしい内容で、人によって感想は色々でしょうが、私的には物語の終わり方としては素晴らしいと思いました。最後のシーンに、にゃんけいが出てきたのも良かったし。?(ΦωΦ)?

最近は、ドラマを見た後、ドラマについてのツイートを見るのが楽しみで。色々な感想もあり、歴史のネタもありで。最終回でも、心に残ったセリフがあって、あのセリフに共感した人はいないかなーと思ってツイートを追ってたらありました。

主人公の直虎が言い放った「あいにく子を持ったことはないもので、どの子も等しく我が子のように見えましてな」というセリフは、子なしのおひとりさまパナセにも強く響きました。

ソロハラって何だ?

で、荒川さんのツイート内に「ソロハラ」という単語が出てきてます。「ソロハラ」という字面を、はじめて見まして。「ソロハラって何だ?」と思って調べてみれば、「ソロハラスメント」という言葉でした。

「ソロハラスメント」と分かっても意味がよく分からないですが、ソロ(独身)で生きてる人へのハラスメントなんですって。知ってた?

結婚しない男女に対するソロハラスメント、略して「ソロハラ」です。

<中略>

ソロハラには、結婚する・しないの問題を超えて、「ソロで生きる」という個人の生き方そのものを否定しかねない問題をはらんでいます。

どういうのをソロハラと言うかというと、コレ↓とからしいんですよ。うん。言われまくってきたね。

「既婚者の職場の先輩(女性)から、独身は自由でいいわよね?、時間もおカネも全部自分のために使えるし……と、いつも嫌味っぽく言われます」(34歳女性)

既婚女性の先輩からの「独身は自由で・・・」を私が言われても嫌味には思わないけどなー。ある種の羨ましさも感じるけど。嫌味と感じるのは、この34歳女性が結婚してないことへの後ろめたさがあるからじゃないのかな?

私の場合、結婚してないことへの後ろめたさも罪悪感も一切無いので、同じこと言われても「そうでしょそうでしょ?。いいよ?ひとりの生活は?。」と、一人の良さを喜々として言っちゃうな。

「結婚したいなんて一言も言ってないのに、先に結婚した同期から顔合わせるたびに説教されます。理想が高すぎだと。もう若くないんだから、自分のレベルをちゃんと見極めなさいって、延々と。本当にしつこいし、うざい」(30歳女性)

一人でいることへの心配心からくる説教だと思うんだけど、たぶん、言ってきた人が普段からウザイんだろうね。だから腹立つんだと思うなー。

「いい年をして結婚もしていない、子どももいないから下の者に対して愛情のあるしかり方ができない、と言われた」(40代女性)

これは腹立つね!(怒)

「女は、子どもを産んで一人前だ。」とかも腹立ったなー。「うっさいわオッサン!(##゚Д゚)」と思ったけど、相手がお客さんだったから笑ってごまかしたな。これも、今ならソロハラだし、セクハラにもなるね。

「結婚して一人前の大人」という価値観は、古き良き時代の遺物になりそう。ってか成れ。(笑)

「多様性を認めよう」と言いながら、相変わらず標準性・統一性を強く求め、「結婚すべき」という自分たちの信じる価値観を、一方的に絶対的正義として押し付けてしまうこと。これが、表面上善意として行われていることに、ソロハラの本質的な脅威があります。言った側は「そんなつもりはなかった」と軽く考えてしまうでしょう。冗談で済ませようとするかもしれませんが、ソロハラされた側は、「結婚できない自分は何か欠落しているかも……」と、精神的に深い部分をえぐられているのです。これは未婚者の不幸度の高さとも無関係ではないはずです。

確かに。若いときは、結婚できない自分は何かが足りないだろうとは思った。思ったけど、深い部分をえぐられたりすることは無かったし、不幸だと思ったこともないね。

やっぱり、ソロハラも、セクハラと同じで、受取る側の感情に左右される部分が大きいように思うなー。結婚してても不倫ばかりするゲス野郎も多くいるし、結婚に失敗してる人は男女ともに多くいるし、「結婚して一人前の大人」という価値観は、古き良き時代の遺物になりそう。ってか成れ。(笑)

ただ、子どもは仲良し夫婦の元で育つのが理想とは思うけど、結婚しないことで社会的地位を脅かされたり、半人前のような扱いを受けたりする社会はフェアじゃないわなー。

生き物は等しく子孫を残す努力をしないと絶滅していくわけで。子どもを育てるには、シングルより夫婦・家族の形があったほうが良いわけで。

だけど、結婚しないからといって、その人の価値が下がるわけでもなく。人は、もれなく人であり。結婚しようがしまいが、それはそれで本人の仕事の能力や出来とは別ものだよね。

自分にも自分なりの価値観や考え方があり、それを否定されれば辛いわけだから、自分以外の他人についても、その人がどんな価値観・考え方だろうとも否定することなく、それはそれとして受け止めればいいと思うのは、単純すぎますかねー?

ハラスメントの指南書になる本は無いかと探してみれば、「アサーティブ」という、また初めて見る言葉を知った!

\ スポンサーリンク /

Copyright© パナセ♥オフィシャル , 2004-2018 All Rights Reserved.