【レシピあり】成形2種類:マロンパン

当ブログの記事内では『アフィリエイト広告』などの広告を掲載している場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。問題のある表記がありましたら、お問合せよりご一報くださると助かります。

母が栗拾いに行って、大量に栗をゲットしてきたので、マロンペーストを作って、マロンパンにチャレンジ!完成品は、ほぼ同じだけど、成形が少しだけ違うマロンパンを作りました。

初心者レベル1のレシピが誰に役立つの?とは思うけど、自分の備忘録も兼ねてレシピをまとめておきます。

46回目:カートでカットする成形

➕をクリックすると開きます!

材料 ベーカーズパーセント
強力粉 120g  
全粒粉 30g 粉量全体の2割ぐらいは、他の粉をいれて良し。入れない場合は、強力粉100%で。
合計 150g 100%
砂糖 15g 10%
2.2~2.3g 約1.5%
バター 15g 10%
ドライイースト 2.2~2.3g 約1.5%
牛乳 115g 水のみなら105g
約70%

作り方

栗ペーストを作る
  1. 栗を湯がき、皮を剥く
  2. ガシガシと潰す(フードプロセッサがある人は、ガガーっと粉に)
  3. 栗の量の同量ぐらいの牛乳+砂糖をお好みの量いれて、くつくつ煮込む
  4. とろりんとしてきたとこで火を止めて、完成!
  5. 出来れば、裏ごしするほうが滑らかなペーストになる。(フードプロセッサがある人は、フードプロセッサでガガーっと混ぜると良し。)

今回、栗の量が200gほどだったので、牛乳も200g、砂糖50gで煮込みました。

歯ごたえが残った方がいいかな?と思い、潰す作業を甘くしてたら、ちょっとボソボソした食感になったので、裏ごしをした方がいいね。ってか、フードプロセッサが欲しい!(・∀・)

お芋とかカボチャとかも同じ方法でペーストにできるので、やってみれば簡単。ただ時間はかかります。

生地を作る:捏ねて丸めて一次発酵

一次発酵は、室温でもオーブンの発酵機能でもホームベーカリーの発酵機能でも、お好みの方法で。

成形

④縦長に伸ばす。私は、5つのカットしようと思ったので、横15cmぐらいに伸ばしました。

⑤巻き終わりになる上下どちらか2cmぐらい残して、全体にペーストを塗って、ゴロゴロ栗とかアーモンドスライスとかお好みの具材を散らす。

⑥カートで、5つにカット!

⑦カット面をカート全体で、キュっと抑えて整える。

二次発酵~焼成

⑧生地が2倍になる手前ぐらまで二次発酵>35度で30分ぐらい

⑨もうちょっと膨らんだらOK。ってぐらいで、予熱開始!>予熱中も膨らむので、ほどほどのタイミングで予熱に。

⑨予熱中に、卵や卵+牛乳を表面に塗りぬり。

⑩190度12~14分で焼成!

新IFトレーにいれて二次発酵すると、周囲と生地がくっつく心配をしなくて良いし、位置を動かせるのも良いです。

この成形は、本当に簡単で初心者でも失敗が無いです。好きな具材をいれることも出来るし、出来上がりの見栄えも良いし気に入ってます。

47回目:1つずつ巻き巻きする成形

前回と同じ材料で、成形だけ少し違う方法で焼きました。

前回の、カートでカットしていく成形の場合、上から抑えることになるので、生地がムギュと少し潰れた感じになるので、表面を抑えて平らにするのですが、これは、1コずつ、くるくると巻いていく方法です。

長方形に伸ばした状態で、ピザカッターとかで切り込みをいれて、1つずつクルクルっと巻いて成形しました。

クリームとかだと巻いた後にカットするとクリームが出てきてしまうけど、この方法なら、クリームが流れでることもなく、キレイに巻けるし、表面も平らなので、後で抑えて整える必要もありません。

表面を抑えてないので、上に巻き上がるような焼き上がりになります。成形の手順と焼き上がりの形が少し違うだけなので、具材や好みで変えるといいと思います。

本日の気づき

  • ペースト作りは、手間がかかるぞ。
  • ペーストもクリームも、裏ごしした方が美味しいぞ。

でしたー。潰すのも混ぜるのも簡単だけど時間がかかる。フードプロセッサが欲しくなりました。(-_-)

ペーストから作るのは初めてでしたが、やってみれば簡単で。生の素材が、美味しく変身するのは、とても楽しかったです。美味しいものを、自分で作れると嬉し楽しねー。

PR